Top > うつ病になったら? > 病気だと自覚しよう

病気だと自覚しよう


うつ病になった時は、自分がうつ病だと認めたくない自分がいます。
私もそうでした。
認めたくない気持ちとうつ病かもしれないという不安との葛藤ですね。

「少し調子が悪いけど、まだ頑張ろう。」

そうして無理を続けて、症状がひどくなる場合もあります。
早期に受診をしていれば、早期に完治出来るものが、
無理をすることにより自分が後から苦しむ・・・
そんな事にもなりかねません。

考え方を変えるのは難しいかもしれませんが、
自覚をしっかりとすることで、また前を向いて歩けるのではと思います。

私が自覚したきっかけは、人と話せなくなった時でした。

今までは会社や子供会、町内の行事でも、人前でバリバリと話し、
人を笑わせていました。

それが突然、誰とも会いたくなくなり、話すことも嫌だなんて・・・
最初は絶対に認めたくなかったんです。
でも日々自分が苦しくなっていく。。。

その時に思いました。
私の心と体が、少し休ませてって言ってるんだ。。

そのふとして思いがきっかけで、
「私はうつ病なんだ」
と自覚出来たんだと思います。

うつ病を自覚するという事は、勇気がいる事ですよね。
でも、自覚をする事で改めて自分としっかりと向き合える。
自分を見つめ直すいい機会だと思ってみてはいかがでしょう?^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病になったら?

うつ病になったら 自分はうつ病・・・と不安な気持ちばかり抱え込まず、
良い方向へ自分の気持ちを向かせてみましょう。







関連エントリー
海外ドラマ