Top > 私の体験談 > 無理を続けた後に見たもの

無理を続けた後に見たもの


整形外科での出来事があってからも、私は専門の病院に行く勇気が出ず、
無理やりと日常を過ごしていましたが、
時々ふっと頭をよぎる事がありました。
「私は何のために今ここにいて、生きているんだろう。」

周りから見たら贅沢だったかもしれません。
けど自分の存在価値さえ分からなく・・・というか
無いんだと決め付けるようになりました。

テレビをつけていても別に見る訳でもなく、
新聞を持って開いてはいるが、頭には少しも入ってこない。

そんな毎日を続けていたある日、
ぼーーっと隣の部屋を何気なく目的もなく・・・・
ただ見ていたんです。

その時見た物の衝撃は、今でも絶対に忘れることなく覚えています。

「自分が首を吊っている・・・・。」

私は思いました。
もう我慢している場合ではないんだって。
このままだときっと死ぬんだって・・・
今でも思い出すと涙が出るほど苦しい思い出です。

次の日、心療内科へ行きました。

診察室を通り、先生の顔を見たとたん
訳も分からず涙がボロボロとこぼれました。
もちろん先生とは初対面です^^;

ただ分かることは、自分が今まで苦しんで来た事を
全て聞いてくれる人に会えた!
という安心感だったのでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の体験談

うつ病克服記実際に私が体験したうつ病の体験や克服記を紹介します。

決して同じ症状が出るとは限りませんが、 一人で悩んで、苦しんでいる方の少しの力にでもなれたら。 と思っています。





関連エントリー
海外ドラマ