Top > 私の体験談 > 家族の協力

家族の協力


帰宅し、子供をお迎えに行き、主人が帰るのを待ちました。
その間はずーっと緊張し、正に気が気じゃないという感じです。

主人が帰って来てからは、いつ話を切り出そうか、
なんて言われるんだろうか・・・そんなことばかり考えていました。

そんな私を見た主人はきっと気になったのでしょうね。
「何かあったの?」

私は先日の整形外科の件から、今日の心療内科の件、
体の不調が続いている事。全てを話しました。
泣きながら「私はうつ病になってしまった」と。

滅多に泣かない私が号泣しながら話す姿を、
主人は少し驚きながらもしっかりと聞いてくれ、
終わった後にこう言いました。

「なぜもっと早く相談してくれなかったのか」

私もそう思いました。なぜ相談出来なかったのか。
出来ていればこんなに長く苦しまなくても済んだのではないかと。

全てを打ち明けた私は、既に少し気が楽になっていました。
これからの事を話し合い、決め事をしました。

・家事はしっかり分担する。但し絶対無理はしない
・具合が悪かったら正直に言う

子供が小さかったので、主人の負担はとても大きなものだったと思います。
だけどそのおかげで、家にいる間の私の心の負担は、
少しずつ減り、子供と一緒に、主人と一緒に、
段々と笑えるようになっていきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の体験談

うつ病克服記実際に私が体験したうつ病の体験や克服記を紹介します。

決して同じ症状が出るとは限りませんが、 一人で悩んで、苦しんでいる方の少しの力にでもなれたら。 と思っています。





関連エントリー
海外ドラマ