Top > うつ病の基礎知識 > うつ病と似ている病気

うつ病と似ている病気


うつ病は心の病気です。
しかし、心の病気はうつ病だけではありません。

ここでは、うつ病に似ている病気をいくつかあげてみましょう。

・パニック障害

パニック発作を頻繁に起こす病気。
急に不安や恐怖に襲われ、激しい動悸や息切れ、
めまい、吐き気などを感じる。

混んでいる駅やスーパー、エレベーターの中などで
突然症状が出やすい。

・PTSD(心的外傷後ストレス障害)

思いがけず不安になり、少しの事で症状が出るなど、
死を身近に感じる恐怖にあった時の記憶を反復してしまう。

夢を見続けたり、落ち着きがなくなるなど。

・不安障害

以前は神経症(ノイローゼ)と呼ばれていたもの。
「何か」に対する不安や恐怖がコントロール出来なくなる。

この他にも色々とありますが、
絶対に自分で判断してはいけません。

それぞれの対処法や治療法が違うため、
お医者さんの診断が必要です。

自分はこの病気かも・・・・と考える前に、
病院で診断してもらうことをお勧めします^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病の基礎知識

うつ病の基礎知識うつ病って?もしかしたら自分はうつ病?
なってしまったらどうしたらいい?

ここではそんな不安を解消するための、
基礎知識をまとめてみました。





関連エントリー
海外ドラマ