Top > 私の体験談

私の体験談

うつ病克服記実際に私が体験したうつ病の体験や克服記を紹介します。

決して同じ症状が出るとは限りませんが、 一人で悩んで、苦しんでいる方の少しの力にでもなれたら。 と思っています。





私の体験談一覧

ある日突然

10数年前、私はうつ病になりました。 今になって思うと、きっかけは1つではなかったと思います。 もともと社交的で、仕事や行事の司会など、 人前に出る事がとても好きで、自分から進んでやる事が 多かったような気がします。 だけどその反面、自分から進んでやっておきながら その責任感に時折押し潰されそうに

ある日突然の続きを読む>

うつ病じゃない!と思いたい自分

日々不安な生活を送りながら、少しずつ体に不調が出始めました。 一番ひどかったのは肩こりでした。 肩こりというよりもむしろ、首から肩・背中までの 全てがカチカチになっている感じ。 それに伴い、ひどい頭痛とめまい。 そこで私は大きな病院の整形外科に行ったのです。 看護師さんに呼ばれ先生を待っている間、

うつ病じゃない!と思いたい自分の続きを読む>

無理を続けた後に見たもの

整形外科での出来事があってからも、私は専門の病院に行く勇気が出ず、 無理やりと日常を過ごしていましたが、 時々ふっと頭をよぎる事がありました。 「私は何のために今ここにいて、生きているんだろう。」 周りから見たら贅沢だったかもしれません。 けど自分の存在価値さえ分からなく・・・というか 無いんだと

無理を続けた後に見たものの続きを読む>

先生と私

先生は、泣いた私を見ても慌てることなく、 落ち着くのを待ち、 「どんな苦しいことが今あなたにおきているの?」 と聞きました。 私は全てを、あるがままに伝え、答えました。 診断はうつ病、でも自分が思うよりはひどくはなかったのです。 お薬で治しますか?と聞かれましたが、 アレルギーがあるのでお薬は怖い

先生と私の続きを読む>

家族の協力

帰宅し、子供をお迎えに行き、主人が帰るのを待ちました。 その間はずーっと緊張し、正に気が気じゃないという感じです。 主人が帰って来てからは、いつ話を切り出そうか、 なんて言われるんだろうか・・・そんなことばかり考えていました。 そんな私を見た主人はきっと気になったのでしょうね。 「何かあったの?」

家族の協力の続きを読む>

通院

約束通り、私は10日に1回しっかり通院をしました。 協力してくれる家族に今以上の負担をかけさせたくない。 しっかり治して、また子供と散歩をしたい。 その一心でした。 通院の際、先生とは特に治療のことやうつ病について話すことは ありませんでした。 昨日はこんなことがあったよ。 明日はこういう事をする

通院の続きを読む>

完治!

しばらくは再発の不安がありましたが、あまり考えないようにし^^; 日々の生活を過ごしました。 うつ病と診断された時、出来なかった・したくなかった当たり前の事が、 普通に出来、その出来る喜びでいっぱいです。 小さな事がとても新鮮です。 人前に出ることや人と話すこと、会うことが苦痛ではない、 外出が普

完治!の続きを読む>

海外ドラマ